TmiLdDwnVbLvUoiulYI75eTHM3GGs8vz のすべての投稿

たくさんの嬉しさが詰まった思い出のピンクの腕時計

腕時計というと、十数年前に夫とまだ結婚する前、恋人同士だった時、クリスマスにお揃いの腕時計を交換した思い出があります。

ピンクの文字盤で、私がずっと欲しかった腕時計でした。

夫は少しピンク色に抵抗があるようでしたが、当時も今も主導権は私だったので、問答無用で強引にその腕時計に決めてしまいました。

男性用と女性用とで大きさが違うけれど、とても嬉しくて、当時はいつもしていました。

お気に入りのデザインも嬉しいし、はじめてのお揃いの物だったのでそれも嬉しい、そして何より、私の我がままを聞いてくれてピンクの腕時計にしてくれた

夫の優しさもとても嬉しくて、当初はいつも眺めては気持ちが温かくなっていました。

その後、結婚してお揃いのものがもうひとつ、結婚指輪も増えました。

あれから十数年たった今も、夫はそのピンクの腕時計を使ってくれています。

私はというと、仕事を辞めて専業主婦になったので腕時計の出番はすっかりなくなってしまいました。

時々夫に「腕時計なんでしないの?」なんて言われたりもするのですが、そのまま、しかも電池も切れてしまったままの状態です。

とはいえ、今でも大事に私の宝物入れに入っている腕時計。

時々見てはギュッと握りしめて、当時を思い出しています。

私が高校生の頃に購入した腕時計 その購入の経緯と現在

私が現在使用している腕時計はCASIOのG-SHOCKです。

これは私が大学受験を控えた年の誕生日に両親が買ってくれたものです。

私がG-SHOCKを選んだ理由がいくつかあります。

一つ目はデザインです。

当時高校生だった私は見た目のカッコよさを重視して選びました。選ぶ基準は後述しますが存在したもののやはりカッコよさに勝る理由はありません。

二つ目はデジタルではない腕時計であるという点です。

これは受験生であった私は試験会場ではデジタルよりアナログ時計の方が良いと教師から教わったのでそれを元に選びました。

三つ目はその耐久性です。

私は中高一貫の学校に通っておりテニス部に所属していました。

中学の時私の友人の時計がG-SHOCKで学校の4階から落としても壊れなかったのを目の当たりにしました。

それに驚いた記憶があり、将来腕時計を買うならG-SHOCKにしようと決めたのです。

以上がG-SHOCKを選んだ理由です。

そして現在はというと相変わらず私の生活に無くてはならない存在となりました。

大学に入学し、アルバイトや試験など活躍の場を広げたためです。

そしてつい先日日商簿記検定の2級を受験した際もこの時計を離さず持って行きました。

こんな素晴らしい腕時計を購入してくれた両親には感謝しています。

そしてこの時計は壊れるまで使い続けようと思います。

腕時計で繋がり続けている、私と父の絆と大切な思い出

私が短大を卒業して4月から社会人になる目前に、突然父が、週末に一緒にデパートに行かないかと誘ってきました。日頃は家族みんなでデパートに行くので、どうしたのだろうと少し疑問に思っていました。しかし父のことは大好きなので、週末に一緒に出掛けるのことにしました。

週末になり父と2人でデパートへ出掛けました。デパートに着くと、父は何も言わずに私を腕時計売り場に連れて行きました。すると父は、「4月から社会人になるから腕時計を買ってあげようと思ってたんだ。社会人になると腕時計は必要だからね。」と言いました。そして前もって1人で下見にきていたようで、ショーケースの中に飾ってあるイブサンローランの腕時計を指さし、「これが似合うと思うから、これにしよう」と私に言いました。その時計はゴールドの時計で私も一目で気に入りました。そしてその腕時計を買って貰いました。

父からのサプライズな行動は驚きましたが、とても嬉しくて15年以上経った今でも私の素敵な思い出として心に刻まれています。そして今でもその腕時計を使い続けています。たまに別の腕時計が欲しくなりますが、父に申し訳ない気持ちになり、私が持っている腕時計は、父からプレゼントされた腕時計1本だけです。

これからもずっと大切に使っていこうと思っています。

友達からのサプライズプレゼントで腕時計を

二十歳の誕生日の時です。

私を含め短大の女の子9人で仲良くしていました。

私の誕生日はクリスマスイヴでみんな色んな予定があるはずなのに、わざわざパーティーを開いてくれ、最後にサプライズプレゼントを渡してくれました。

それは私がずっと前から欲しがっていた腕時計でした。

とても驚きました。

なんで欲しかったのが分かったのかも不思議ですし、デザインも色も一番欲しかったものだったのでとても嬉しかったです。

なぜ、私が欲しかったものを見事に当ててくれたかというと、半年ほど前に、その仲良しメンバーの中の2人と一緒に買い物に行ったことがありました。

一瞬だけ2人と別行動をとり、お気に入りの洋服屋さんのアクセサリー売り場を

フラフラと私は1人で見ていたのですが、後ろから2人は私が腕時計を凝視していたのを見ていたそうです。

その出来事が半年も前のことですし、一瞬だけのことでしたので本当にびっくりしました。

腕時計はそんなに安価なものではないですが、みんなで出し合って、私の一番欲しいものをプレゼントしてくれたことがとても嬉しかったです。

一ヶ月後の成人式にもつけていき、卒業式でもつけて、みんな離れ離れになってしまいましたが、今も大事に使っている宝物です。

そして今でも年に1回以上は集まる大好きな友人たちです。

腕時計のサイズを計らないで購入するのはよくない

何年か前に腕時計の欲しさにバイトの給料を半分使い、時計をある店で購入しました。時計を初めて購入するので少しワクワクしながらお店に向かいました。

お店に着くと様々な時計がおいてあり、1時間か2時間程度どれにするか迷い、迷った挙句、どうせ買うなら少し高そうな時計にしようと思い切って自分の好みで少し高い腕時計を購入しました。

しかし、その日は午後にバイトがあり時計選びに迷い過ぎた結果、急いでいたため、時計のサイズを計らないで早急に渡してもらいバイトへと向かいました。

バイト中にも、初めて買った腕時計を早く明日から身につけたいと思いながら面倒臭いバイトをやり終えました。

次の日、早速腕時計をつけようと思ったら時計のサイズが全然合わなくてめちゃめちゃ萎えました。またお店に行く時間がなかったという理由で、何ヶ月間か時計のサイズを直さずに部屋に飾っておきました。目の前に念願の自分好みの時計があるのにつけれない気分は最悪でした。

そして数ヶ月間つけれなかった時計のサイズを直しに行って、やっとつけることができました。めちゃめちゃカッコよくて最高な気分でした。

その時計はつい最近壊れてしまったのですが買ってよかったと思います。また新しいのをサイズをしっかり合わせて購入したいと思っています。

人気になっている腕時計と機能性に優れた腕時計の魅力

人間の生活では時間を把握することが大事です。そして時間によって仕事なども上手くコントロールすることができます。また直に時間を知るためには時計を持つ必要があります。

時計は様々な場所に付けられるので便利になっています。しかし普通なら腕に時計を付けることが基本です。以前はポケットの中に懐中時計を入れていた時代もあります。

現代ではスタイリッシュなファッションが求められているので、時計も徐々に変化しています。例えば最新の腕時計はデザインと機能性を高めています。

このように今では高い性能やデザイン性を持っている時計が必要なのです。それを腕に付ける場合は特にデザインが大事になります。そして様々な会社は最新のデザイン性を持った時計を作っています。

今はモダンな腕時計が人気なので調べることができます。実際に調べると有名なメーカーも現代風の時計を作っています。そういった時計は腕をオシャレにするのでお勧めです。

しかし最終的には時計の性能が大事になります。なぜなら上手く機能しない時計には意味がないためです。現代人はその機能やデザインで時計を決めることが多いです。

腕をオシャレにするなら良い時計を買うことも必要です。そして人気の高いタイプを見つけることができれば、他人にも差を付けられるので魅力的です。

ベルトの種類で選ぶ腕時計

腕時計を選ぶ際には様々な切り口がありますが、その一つにベルトの種類というものがあります。ベルトの種類には、定番のもので四種類あり、ステンレスベルト、チタンベルト、革ベルト、ラバー(ゴム)ベルトがあります。

この中で一番人気があるのはステンレスベルトです。ステンレスは錆びにくく、オンオフどのような状況の服装にも合う腕時計ベルトです。しかし、少し重いところが難点で、特に女性は避ける方が多いかもしれません。

チタンベルトは、軽いのにとても頑丈な素材です。金属アレルギーがある方にもおすすめの素材となっています。マイナス点は、ステンレスよりも少しお値段が張ることです。

革ベルトは、色も豊富で色々な種類の革があるので、自分なりのデザインにこだわる方には特におすすめです。ファッション性があり、コーディネートのポイントのさし色として使うこともできます。しかし、革は汗をかきやすい腕につけていると、汗がしみこんで劣化してしまいやすいです。革ベルトを選ぶなら、きちんとお手入れをすることが重要です。

ラバー(ゴム)ベルトは、とても軽く、スポーツをする際などにおすすめです。防水性のあるシンプルな時計にもよく使われています。とてもカジュアルな印象を与えるので、アウトドアのときなどに使うのがおすすめです。

時計屋さんが駅前から撤退したので腕時計を買い換えました。

私はあまり高い腕時計をしておりませんでした。

時刻が合っていればいいやと言う程度でした。

そこで電池が切れるといつもの時計屋さんで電池交換してもらっていました。

しかしあるときに行ったときに、その時計屋さんが撤退していたのです。

そこで駅前のスーパーマーケットの時計売り場に行きました。

そして電池交換してもらおうと思ったら、このスーパーの時計屋さんで買った物しか交換しないのだと。

ちょっと横暴だと思いました。

しかし時計屋さんは近所ではここしかありません。

そこでここで売っているセイコーとかシチズンの時計を物色しました。

私は目が上がっていますので文字盤が大きいものを選びました。

時計は時刻が合っていればいいので、とにかく大きい表示のものを選びました。

1個では不安なので2個買いました。

金額は1個1万円強でした。

矢張り時計がないと不便です。

私はスマホも持たないので腕時計が頼りです。

後はバンドなのですが、私は金属のものはあまり好きではありません。

冬に時計をはめたときに冷たいのがいやなのです。

そこで皮バンドのものに決めました。

バンドの色は黒と茶色です。

これを洋服に合わせてはめていこうと思いました。

今度は電池交換もここで買った物なので交換してくれるということでした。

まあ良かったと思っています。

ブレスレット感覚でつけている腕時計

時間を確認するためではなくて、ブレスレット感覚でつけている人も多いようです。

私もそうなのですが、自動巻きの時計の場合、少しつけずにいると止まってしまうのですが、そうして時間が狂ったまま身に着けても気が付かでいることがあります。

完全に、アクセサリー扱いですね。

時計が腕にある感覚に慣れてしまうと、あの重みが落ち着くというか、あれがないと落ち着かないというか、何もつけていないと寂しい気持ちになるのですよね。

時間自体はスマートフォンや車の時計でサッと見て確認できるから不便は無いのですが、腕時計は、もし止まっていて時間を確認出来なかったとしても、手首に無いとなんだか寂しい、という感じです。

愛着があるとかないとか、洋服とのコーディネートとか、そういうこととも違っていて、腕時計がないといつもの自分自身に一味足りない、なにか間の抜けた感じがするのですが気のせいでしょうか?

腕時計があると、時間をきちんと気にかけている人、ちゃんとした人、というイメージもあるようです。スマートフォンで時間を確認するより、腕時計で確認しているほうが感じが良いという人もいます。

アクセサリー、ブレスレット感覚でもいいので、腕時計をしていたほうが、印象は良いのかもしれませんね。

元彼にもらった最後のプレゼントは腕時計でした

私には五年間付き合った人がいます。元彼はとても誠実で正義感の強い人でした。でも親の言う人と結婚する事になったので別れました。親を見捨てる事ができなかった人なのです。

その元彼にもらった最後のプレゼントは、とても素敵な腕時計だったのです。付き合っている五年間で、私はたくさんのプレゼントをもらいました。でもこの腕時計が一番嬉しかったのです。肌身離す事がなく、いつも一緒にいられるような気分になれるからです。だからとても嬉しかったのです。

それなのにその一か月後には別れを告げられたのです。とてもショックでした。結婚まで考えていました。きっとこの先に、結婚する時がくると信じていたのです。それなのにまさか、別れようと言われるなんて思いもしなかったのです。とても悲しかったです。

でも今でも、別れて半年経った今でも私はまだ元彼が好きです。未練があるのです。そして毎日腕にしています。お風呂以外ではずす事はないのです。

元彼が来月に結婚するという噂を聞きました。でも私はまだ信じているのです。きっと戻ってきてくれます。きっと私と結婚したいと言ってくれると信じているのです。だからはずす事はありません。ずっと一緒なのです。フランク三浦(FrankMIURA)腕時計通販専門店 | フランク三浦エリア